ishikawa

frontend engineer in yamagata

テーブルユニット+ScrollHint

Posted in: a-blog cmsユニット


2018春合宿のハンズオンより「スクロールを予測させるテーブルユニットを作ってみよう」にチャレンジしました。


このハンズオンページに掲載されているコードに、シャドウのオプションを加えて設定。

document.addEventListener('DOMContentLoaded', function(){
    new ScrollHint('.js-scrollable', {
      applyToParents: true,
      suggestiveShadow: true,
      i18n: {
        scrollable: 'スクロールできます'
      }
  });
});

Lorem ipsum dolor sit. Lorem ipsum dolor sit. Lorem ipsum dolor sit
Lorem ipsum dolor sit. Lorem ipsum dolor sit. Lorem ipsum dolor sit.Lorem ipsum dolor sit.Lorem ipsum dolor sit.
Lorem ipsum dolor sit. Lorem ipsum dolor sit. Lorem ipsum dolor sit.Lorem ipsum dolor sit.Lorem ipsum dolor sit.
Lorem ipsum dolor sit. Lorem ipsum dolor sit. Lorem ipsum dolor sit.Lorem ipsum dolor sit.Lorem ipsum dolor sit.Lorem ipsum dolor sit.

テーブルに付与するクラス名を追加

a-blog cms のスタイルガイドからテーブルのスタイルを追加。セルにもクラスを付与できるようなので、両方の設定次第では、いろいろなデザインの表組みができそうです。

ACMS.Ready(function(){
  ACMS.Config.aTableOption.push({
    label: 'スクロールを促すテーブル', 
    value: 'js-scrollable acms-table'
  });
  ACMS.Config.aTableOption.push({
    label: '通常のテーブル', 
    value: 'acms-table'
  });
  ACMS.Config.aTableOption.push({
    label: 'ボーダーありテーブル', 
    value: 'acms-table acms-table-bordered'
  });
  ACMS.Config.aTableOption.push({
    label: 'thの色ありテーブル', 
    value: 'acms-table acms-table-heading'
  });
  ACMS.Config.aTableOption.push({
    label: 'ストライプテーブル', 
    value: 'acms-table acms-table-striped'
  });
});

新しく追加されたテーブルユニット。どのようにセッティングすれば使ってもらえるでしょうか。HTMLの知識はなくても、ウェブサイト上で「表組み」を作りたいというウェブ担当者は少なくありません。わかりやすさ、扱いやすさの問題なのでしょうが、入力して「表組みできた!」と感じてもらえるように工夫してみたいと思います。